2017.6.09

看護学科理学療法学専攻義肢装具学専攻

保健医療学部:1年次のキャリアサポートの例を紹介します。

70 views

UHASiwatsuki

入学してはや2カ月、学生もようやく“学習” や“学生生活”のペースをつかんだ頃でしょうか。

本学では、入学時より保健医療の“専門職”としての自覚を促すカリキュラムを構成しています。

1年次に履修する「職業とキャリア形成」という科目では、保健医療学部の学生が目指す、看護師、理学療法士、義肢装具士について、その特徴や現状、課題などについて学び、職業に対する自己の目標、4年間の学生生活の過ごし方、学習の課題を明確にしていきます。

また、この科目では、現職の看護師、理学療法士、義肢装具士を講師に迎えた授業も行われます。ここではその様子を少しご紹介します。

 

この日は、理学療法士のゲストをお迎えしました。

地元で活躍されている、本学の前身校を卒業した先輩です。

勤務先の病院の写真なども交えながら、職場、職務、そしてキャリアについて、ざっくばらんに「いろいろ」とお話ししてくださいました。

自分の目指す職種だけでなく、3学科・専攻全員で合同の講義を受けて、自分の学科以外の職業も学びます。

就職するとさまざまな医療職と連携して仕事を行います。本学では入学当初より他職種を理解することにも力を入れています。

ゲストの講義後には、科目担当教員の司会で質疑応答が行われました。学園OBならではのお話も伺うことができました。