2018.2.20

心身健康科学科(通信)

一年を振り返って思った事:通信制の学び

150 views

大平

写真1:今後も参考図書をどんどん入れれるように、本棚あけました!(^^)!

特別養護老人ホームに勤務し、高齢者看護に携わる毎日から

こんにちは、心身健康科学科(通信制)の大平です。僕は今年度の4月に3学年に編入学し、現在は3学年後期の日程がほぼ終わった状態でいます。一年を振り返って思った事・分かった事を記載させて頂きます。
僕は特別養護老人ホームに勤務し、高齢者看護を担当する中で、もっとステップアップしたいと思い入学しました。在学1年目が過ぎようとする中で、その成果を実感しています。大学で学ぶ前は、自分の経験や固定観念でものごとを見て、対応してしまうことが少なからずありました。

 職場での働き方が変わりました

約1年、人間総合科学大学で学び、多方向・多方面から物事を見て把握する視点や、自分の経験や固定概念に捕らわれる事なく、科学的に、総合的に考え、対応することが出来るようになり、職場での働き方が変わりました。これは講義を通じ、素晴らしい先生が、大切な事を教えて下さったからです。人間総合科学大学で学びをつづけることは、正に宝の山と感じると共に、教育を受けることができる至福さ・大切さを実感しています。
もう少し具体的に記載させて頂きます。
写真2:2月になり、咲いた庭の梅の花です(*^-^*)

文章に慣れたり、内容を把握出来るチカラ

テキスト履修では教科書や参考図書を通じて学びを得ると共に、課題等で作成するレポートで内容をまとめる機会を得ました。それは文章に慣れたり、内容を把握出来る大変勉強になる機会になると実感しました。担当の先生に気軽にインターネットで質問出来るのも、学びに繋がりました。

学友や先生に実際にお会いする事が自分の成長につながる

会場スクーリング(対面式)授業では、学校に登校し学友や先生に実際にお会いする事が自分の成長に繋がると感じる機会になりました。まず先生の、大事なポイントを踏まえて分かりやすく教えて下さる教育力と、どんな質問・状況にも真摯に接して下さる姿勢には、人生の師を見つけた気持ちになりました。また、4年時に受ける総合演習では、二つの選択肢が選べる中で楽そうな方にしようと思っていましたが、文献研究をしたいという学友の話を伺って、その姿勢の真剣さにハッとしました。そして授業が終わり、帰宅するころには、僕も文献研究をやってみたいな、と気持ちが変わっていました。そんな先生や学友から自分が変わり・成長する機会を頂ける事を、至福に思 いました。

心身健康レクリエーター養成講座

僕は、心身健康レクリエーター養成講座受講生ですが、その講座で必須になっている科目は、養成講座を受けなければ受講選択をしなかったと思う内容があります。また必須になっているから、その科目の会場スクーリング(対面式)授業を受ける流れになり、そしてそれらの学びがとても有意義で自分の視野・器・幅を広げる機会になりました。心身健康レクリエーター養成講座を受けて良かったです。

担任の先生がいて下さる有難さを実感

最後に、担任の先生がいて下さる有難さを実感しています。受講している教科の事はその担当の先生に質問するのですが、そのような内容ではない全般は、担任の先生にインターネットで質問が出来ます。またオフィスアワーでは実際に先生と面談して相談する事も可能です。色々分からないことがある中での先生の的確な助言・アドバイスは大変助かり、大学生活を困らずに1年過ごせる流れに繋がりました。この大学に入学して本当に良かったなと実感しています。