2018.11.14

大学院_心身健康科学(通信)

刺激に対する生体反応を観察しました! ~大学院:心身機能観察特講Ⅰスクーリング~

796 views

ユーハス

11月9日(金)から11日(日)までの3日間、大学院:心身健康科学専攻修士課程対象の「心身機能観察特講Ⅰ」スクーリングが開催されました。受講生のみなさんは、朝1時限目の講義から、誰一人として遅れることなく参加されました。

 

 

この講義の目的は、日常生活で生起する様々なストレス現象を、「刺激」と「生体反応」の観点から捉え直し、心身の有機的関連性を支えている調整システムを科学的、統合的に理解し、さらに客観的な観察と分析を通して、健康増進に向けた新しい方略を探求することです。

 

 

それではスクーリングの模様をのぞいてみましょう!

 

今回のスクーリングでは、先生のご指導のもと、血圧計や発汗測定装置を用いて、負荷をかけることにより血圧や心拍数、発汗などの推移を測定しました。

 

さっそく受講生のみなさんで準備開始です!

 

 

データ収集班は入念に打ち合わせを行います。

 

 

まるで“嘘発見器”にかけられるよう!

 

 

被験者さん(受講生)もドキドキ??

いよいよ測定開始です。

 

 

測定データが届いたら受講生が記録していきます。

 

 

先生からもポイントを指導していきます。

ここの変化を注目してごらん!

 

 

測定が終わると、みなさんすっかり打ち解けて仲良くなりました。

 

 

3日間のスクーリングもあっという間にフィナーレを迎えました。学修・測定を共にした先生や“仲間たち”とも名残惜しそうに意見交換は続き、今後の健闘をたたえ合い終了となりました。

受講生のみなさん、ほんとうにおつかれさまでした!!