2018.11.27

人間科学部@通信

農と人をつなぐ:野外レクリエーション実践Ⅰ2018

35 views

ユーハス

11月24・25日、心身健康レクリエイター養成プログラムの関連科目「野外レクリエーション実践Ⅰ」(対面式スクーリング)がおこなわれました。「“農”で地域を再創造(レクリエート)する」とは、どういうことでしょうか?

1日目。まずは教室で様々な事例について考えてから、実地へ出発です。線路を渡り、元荒川沿いの農地へ。くわばら産地づくりの会の講師から、農作業、農作物の管理、田畑の生態系等を学び、実際に農機具を使わせていただきました。簡単そうに見えた作業も、体験してみると容易ではありません。

 

2日目。子ども大学の子どもたちと一緒に、いよいよクワイ掘りの体験です。水を抜いた泥地に足をとられ、倒れこみそうな子どもたちをサポートしつつ、収穫の喜びと大変さを味わいました。

ここまで準備してくださった会の方々に感謝しながら、揚げたてのクワイチップスをいただきました。ホクホク、カリッとした食感で、ほのかな甘みもあり、とても美味しかったです。

クワイを育ててくださった皆さんと、子どもたちとの間に生まれていた自然な交流も、レクリエーションの大切な要素でしたね。

「異なる世界をつなげることで、新しい世界を創ることができる」そんなことを実感した2日間だったのではないでしょうか。 履修生が、自分の場所で、どんな活動につなげ、新しい世界を創ってくれるのか、楽しみにしています。

 

皆さんも、心身健康レクリエイターを目指してみませんか?

文部科学省認定プログラム&厚生労働省の給付金対象資格です。詳しくはホームページや個別相談会で。