2017.7.19

理学療法学専攻

理学療法学専攻:OSCE 実施されました

215 views

UHASⅡiwatsuki

このブログで、学生記者がカウントダウンしていました “OSCE(オスキー)” が、7/12(水)に、実施されました。

その様子をかけ足でご紹介します。

 

事前の説明を緊張の面持ち(この写真では見えませんが)で耳を傾ける学生たち。

 

グループごとに移動中。
まだほんのちょっと余裕がうかがえます。

 

試験会場への入室直前。
もう笑みはありません。戦闘モードです!

 

いよいよ始まりました。
毎日の自主練習、グループ学習の成果は出てる?

 

順風満帆? 悪戦苦闘?

 

先生も真剣に評価しています。

 

最初の受験者4名。
終わっての振り返りかな?
全員の試験が終わるまで反省・復習です。
結果発表まではドキドキですね。

 

後輩思いの優しい本学の卒業生たち。
この日、模擬患者(患者さん役)を引き受けて、後輩たちの技術を見守ってくれていました.
感謝 × 感謝!!!

 

人間総合科学大学では、このように在学生の教育指導に卒業生がいろいろな場面で協力してくれています。

例えば、就職支援のイベントなどにも参加してくれ(過去のブログをぜひ見てね)、高い就職率にも貢献しています。

小人数で緊密な本学の雰囲気を味わいに、オープンキャンパスに来てみませんか!

心よりお待ちしています。

 

※OSCEとは「Objective Structured Clinical Examination」の頭文字を取ったもので、「客観的臨床能力試験」のこと。判断力・技術力・マナーなど実際の現場で必要とされる臨床技能の習得を、適正に評価する方法です。受験者は、模擬患者(患者役)に対し、実際に、インタビューや検査などを行います。模擬患者は、病気・病状、障害の種類や程度、家族や家などの環境、仕事や趣味などまで想定された状態を演じ、学生から聞かれた質問に答えたり、障がいに応じた動きをしたりします。本学では、卒業生(現役の理学療法士)にも協力してもらっています。また、卒業生には、OSCEを通じて感じたことを、学生に1人1人にコメントを書いて、後輩の指導をしてもらっています。