2017.1.16

心身健康科学科(通信)人間科学部@通信大学院

第32回サイエンスカフェ「がんをおこすウイルス~ノンコーディングRNAの病原性~」を開催しました。

293 views

ユーハス

1 2月8日(木)、東京サテライトキャンパスで、「第32回心身健康科学サイエンスカフェ」を開催しました。参加者は教職員、学生ほか20名。

「心身健康科学サイエンスカフェ」は、研究領域や専門分野の垣根を越えて、大学・研究機関・大学院・企業などに所属する研究者を講師として招き、交流する場。軽食を交えてのフリーディスカッションを行なうなど、カフェのようなリラックスした雰囲気の中、人間総合科学・心身健康科学についての理解を深めます。

32回目となる今回は、「がんをおこすウイルス~ノンコーディングRNAの病原性~」と題し、人間総合科学大学・岩切大教授が研究成果を発表。「ウイルスとは何か」という基礎的な知識を交えながら、ヒトに広く感染するヘルペスウイルスのひとつであり、急性感染症からがんまで様々な病気を引き起こす「EBウイルス (EBV)」について、最新の知見を紹介しました。

参加した生徒は、「ウイルスと聞くとマイナスイメージだったが、生命進化には欠かせないプラスの面もあることが分かって視野が広がった」、「とても分かりやすい説明で、興味深かった」など、有意義な時間を過ごした様子でした。

次回は、2月24日(金)、島田凉子教授が「ニューロフィードバック」をキーワードに研究を発表します。

サイエンスカフェは、学内関係者に限らず、どなたでも参加できます。一緒に、人間総合科学・心身健康科学を語り合い、新たな発見に出会いましょう!