2022.5.31

理学療法学専攻保健医療学部@岩槻

理学療法学専攻3年「ストレッチポールの実技」

361 views

広報

本学理学療法学専攻の3年前期科目「スポーツ理学療法学」の授業で,ストレッチポールの実技を行いました。

本科目は選択科目ですが,多くの学生さんが毎年受講してくださる実技中心の科目です。感染対策を行い,実技を行いました。

ストレッチポールは,下記のような効果を期待して行われるセルフメンテナンスのツールのひとつです。

  1. 筋がゆるむ
  2. 脊骨が整う
  3. 呼吸が深くなる
  4. 副交感神経優位になる

ストレッチポールの目的や使い方について学んだ後,実際にポールに乗って効果を体感しました。

さらに,理学療法士として,どう臨床現場でこのストレッチポールを活用したらよいのか?考えながら実技を行ってもらいました。

肋骨が大きく動いて,息が吸いやすくなるように手助けしながら行ったり,

骨盤がもっと動かしやすくするにはどうしたらいいのか?学生間で工夫しながら実技したり,

息抜きもしながら,和気あいあいと授業することができました。

今後は,テーピングの実技もあるので,またご報告できたらと思います。

最後に,出勤していた教員も参加して集合写真をパシャリ!
※集合写真撮影時のみ,マスクを外したため,会話しないように注意しつつ短時間で撮影しました。