2020.8.24

ヘルスフードサイエンス学科

第2回 食のアイデアコンテスト 受賞作品紹介〜最優秀賞

67 views

ゆーはす5号

全国からたくさんのご応募をいただきました「第2回 食のアイデアコンテスト」の審査結果が発表となりました!!

これは6月〜7月にヘルスフードサイエンス学科が募集した、高校生を対象としたコンテストです。

(1)ここ・から健幸グルメ部門 テーマ:保存食材を使った簡単!便利!おいしいアレンジレシピ
(2)「食」の課題解決部門 テーマ:家庭で「食品ロス」を減らすには?

の2部門に対し、応募総数212件のアイデアが届きました。

ご応募いただいた皆さま、ありがとうございました!

受賞作品をこのブログでご紹介していきたいと思います。
まずは、最優秀賞の発表でーーす!!

(1)ここ・から健幸グルメ部門 最優秀賞

「簡単!時短!おいしい素麺!〜アレンジのバリエーション豊富〜」
静岡県立伊豆総合高等学校3年 高橋 直美 さん


【講評】
高橋さんの作品が最優秀賞に選ばれた理由は、
・すべての食材が保存食由来であること、全国どこででも手に入りやすく価格が安いこと。
・タイトルにあるように、簡単時短、片付けまで10分で済むこと。
・アレンジが豊富でそうめん以外でもできそうである点。
です。
どの作品も力作ぞろいで、選ぶのは大変でした。そして、どれもとても美味しそうでした!

(ヘルスフードサイエンス学科教員 矢部えん)

 

(2)「食」の課題解決部門 最優秀賞

「冷蔵庫に貼る付箋の活用法」
埼玉県立蕨高等学校3年 成田 幸平 さん


【講評】
第1回でも食品ロス削減部門の審査を担当しましたが、昨年より全体的にレベルアップしている印象を受けました。
それだけ、食品ロスへの関心が高まっているということ、また、自粛生活の中、保存食もそうですが「食」の問題についていろいろ考えてくれた結果だと思います。
最優秀賞に選ばれたのは、現実的なアイデアでした。冷蔵庫に付箋を貼るアイデアはネットを検索してもたくさん出ていますが、成田さんは貼る場所や書く内容を自分で実証しながら工夫していたところがとてもよかったです。
家庭でも真似できる方法なので、皆さんもぜひやってみてください。

(ヘルスフードサイエンス学科学科長 時光一郎)

 

おめでとうございました〜

優秀賞、特別賞、アイデア・努力賞の入賞者についてはコンテストページをご確認ください。
https://www.human.ac.jp/hf/award.html

受賞作品については、ブログで順次紹介していきたいと思いますのでお楽しみに☆