2019.6.25

ヘルスフードサイエンス学科

受賞作品の講評を公開:朝食編その1

168 views

ユーハス

第2回目の本日はここ・から健幸部門6作品。

———————————-

ここ・から健幸部門:自分でできる簡単・便利な朝食メニュー

▽最優秀秀賞 作品

『簡単すぎる!美味しい食べないなんてありえない』

東京都立調布北高等学校 小峰直 様

講評:

朝食に二品を作ろうとすると面倒ですが、電子レンジをうまく使い、使用する食材も加熱時間にあわせると、簡単にできますね。ボリュームもあり、見た目にも色合いがよく元気が出そうな朝食です!
—————————

▽優秀賞 作品

『5分で作れる なんちゃってフルーツサンド&マグカップスープ』

明星学園高等学校 野尻さくら 様

講評:

赤と白のコントラストで、見た目にもかわいらしい朝食ですね。生クリームの代わりにヨーグルトを使ったところも工夫があり、ヘルシーな内容だと思います。材料を混ぜるだけのスープと相性が良い朝食になりました。見た目にもこだわった朝食のアイデアを考えてみてください!

—————————

▽優秀賞 作品

『<スーパーフード>オーツ麦で美味しく健康朝ごはん』

浦和麗明高等学校 石垣芽生 様

講評:

オーツ麦を使用したところが特徴的ですね。欧米では朝食によく食べられているようですが、日本ではお粥のようにできるのでなじみやすいと思います。食物繊維やミネラルを摂ることができ、朝から元気になれそうです!

—————————

▽優秀賞 作品

『2食楽しめるミルフィーユおにぎり』

埼玉県立伊奈学園総合高等学校 萩山千咲 様

講評:

おにぎりをミルフィーユの形にしたところが特徴的ですね。納豆とキムチの発酵食品や、たんぱく質を多くとることができて、朝から元気になれそうです。これからもいろいろな具を試してバリエーションを増やしてみてください!

実際に作る過程を写真で送っていただき、作り方が分かりやすかったです。
ご飯、海苔、卵、納豆、キムチ、ウィンナー、チーズと、多くの食材を使っていて、
それらの食材がひとつのミルフィール状になっているのがおもしろいですね。
楽しく作ることができ、できあがった料理は手に持って簡単に食べられるところも魅力です
—————————

▽優秀賞 作品

『ロコモコ風みそリゾット』

秋田県立金足農業高等学校 谷あずさ 様

講評:

和洋折衷の内容でありながら、良い味の組合せですね。卵とチーズ、色とりどりの野菜を使用し、栄養バランスも良く見た目にも朝から元気になれそうです。さらに、1つのプレートで簡単に作ることができ、随所に工夫がみられました。これからもいろいろな朝食のアイデアを考えてみてください!

—————————

▽優秀賞 作品

『ツナサラダサンド朝食』

都立晴海総合高等学校 高橋青蓮 様

講評:

焼きのりを加えて、和風のツナサラダをパンに挟んだアイデアは、工夫があって良いと思いました。時間のない朝でも短時間で作ることができますね。使用食材が少ないながらも、栄養バランスも良いと思います。これからも色々な朝食のアイデアを考えてみてください!


上記の作品はヘルスフードサイエンス学科の3年生(「分子調理学」履修者)が再現させていただきました。

→動画はこちらから(ここをクリック)