2019.10.07

ヘルスフードサイエンス学科

「たまご」の鮮度判定!:授業紹介「食品学実験Ⅱ」

238 views

ユーハス

「食品学実験Ⅱ」、3年生が履修している科目の様子です。

この科目は、食品を加工・貯蔵したときの成分の変化と鮮度指標や分析方法、そして、食品添加物の役割等を学ぶ科目です。また、実験の組み立て方の基礎や得られたデータの集計方法なども併せて学びます。

今日のテーマは、『鶏卵の鮮度判定』。温度等が異なる状態で保存していた「たまご」を使い、科学の視点(観察や得られたデータの結果)から、鮮度の判定を行います。

具体的には、溶液に入れて浮き具合を観察したり、割って長さを測ったりします。

鶏卵の鮮度を判定するこの実験のキーワードは3つ。

■ハウユニット ■卵黄係数 ■比重法

興味のある方はぜひ調べてみよう!

※個人的には「気室」(殻に密着した膜から内側の膜が分離してできた空間)も鮮度に関係している点が興味深かったです。

文責:事務局広報担当