2017.11.09

健康栄養学科

≪食環境生産実習2日目≫はじめてのヒツジの毛刈り&ナシ収穫&蕎麦打ち体験!!

151 views

ユーハス

宇都宮大学で行われた農業体験実習2日目のレポートです!

健康栄養学科の学生が参加している宇都宮大学農業体験実習(食環境生産実習)の2日目は、朝5時半の朝食作りから始まりました!この献立は私たちが計画して、実習に参加した生徒と教員の方に提供しました。

この日の朝は冷え込んでいたため、シチューの温かさが体にしみわたりました(*^-^*)

 

朝食を食べた後はヒツジの毛刈りを体験させていただきました!

毛刈りには大きなバリカンを用いて、宇都宮大学の大学院生の方にアシストしてもらいながら、1人ずつ体験させていただきました(*^^)v

さらにヒツジの餌やりと、ご好意で生後8ヵ月のヒツジを抱っこさせていただきました!!とてもフワフワしていて温かく、ずっしりと重みを感じました(^-^)
ヒツジ舎にはヤギもいて、常にメェ~という鳴き声が聞こえていました♡

 

続いて、宇都宮大学構内の果樹園に移動して、“にっこり”という品種のナシを収穫させていただきました。

すごく大きくてデリケートなナシの収穫は落としたり傷をつけてしまったりしないか緊張しました(*_*)。

 

お昼を食べた後は、蕎麦についての講義

10割蕎麦を実際に作らせていただきました!実家が宇都宮でそば屋さんを営んでいるという宇都宮大学技術職員の方にご指導をいただきながら、生地を伸ばしたり蕎麦を切ったりさせていただきました。均等に細く切る作業は、とても難しかったです。
※10割蕎麦とは…小麦粉などのつなぎを使用せず、100%のそば粉とお湯で作る蕎麦のことです。

夕食として、学生が調理した天ぷらと一緒にいただきました。

10割蕎麦は、普通の蕎麦とは違いこんにゃくのようにもちもちしていて、のど越しもよくとてもおいしかったです^_^

以上3班がお送りしました。

【広告】