2023.9.01

心身健康科学科(通信)

矢野 忠先生が瑞宝中綬章を受章されました

387 views

広報

令和5年春、矢野 忠先生が瑞宝中綬章を受章されました。
人間総合科学大学  心身健康科学科(通信制)にて非常勤講師として指導にあたって頂いております。
長年にわたり、久住理事長、小岩先生をはじめ、多くの学生がご指導頂いております。

「瑞宝中綬章」は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方に授与される、名誉ある素晴らしいものです。
この度は、誠におめでとうございます。

以下、先生にインタビューさせて頂きました。

①受賞経緯等についてお願い致します。
「明治鍼灸大学、現明治国際医療大学に40年間勤め、この間、鍼灸医学の学術の推進、多くの有為な人材を世に送り、
日本の伝統医学の発展と啓発に貢献したことが評価されたものと思います。
加えて国家試験委員を長年務めたこと、鍼灸学系大学協議会を組織し、鍼灸医学の学術の推進に努めたことなどです。」

➁日頃より、本学の教壇にお立ち頂きまして誠にありがとうございます。授業内容についてお願い致します。
「世界の伝統医学、日本の医療史、日本の伝統医学である鍼灸医学の歴史、東洋医学の思想と科学的思考等について解説し、
これからの医学・医療において東洋医学の特色(特に身心一如の身体論、健康維持・増進、病気予防、未病治、養生思想等)
を取り入れることによって、より質の高い医学・医療になり得ることについていろいな視点を提供する科目です。」

③今後の抱負や学生へのメッセージをお願い致します。
「人口構造の変容に伴い、社会構造や疾病構造も変わります。当然、そうなれば医学・医療のかたちも変わらなければなりません。
特に疾病構造については、社会との不適合による病、例えばうつ病などの心の病が増えてきます。
このような疾病には現代西洋医学の特定病因論では対処できず、ホーリステックな視点が必要です。
また超高齢少子人口減少社会の到来においては、これまでの病気保障の医療システムから健康保障の医療システムへの転換が必要です。
御校の人間科学部は人間に立脚した学問を学び、ひとの幸せを支援する学科で構成されている素晴らしい大学です。
まさに健康保障を支える人材養成の大学といえましょう。その大学の建学の精神を誇りとして、精進してください。」

お忙しい中、ありがとうございました。
益々のご活躍をお祈り申し上げます。